道徳科研究発表会開催

10月31日(水)寄島小学校で、道徳科の授業を中心とした研究発表会を開催しました。平成29・30年度岡山県小学校教育研究会浅口支会及び浅口市教育委員会の指定を受け、研究主題を「自己を見つめ、よりよく生きていこうとする子どもの育成」~「特別の教科 道徳」の授業を中心として~に設定し、3年間取り組んだ研究と実践の一端を公開させていただきました。当日は、秋晴れのもと、多数の来賓の皆様をお迎えし、また浅口市里庄町内外より多くの先生方や地域の方々においでいただき、盛大に開催することができました。準備・運営に関わっていただいた先生方、PTA役員の皆様に心より感謝申し上げます。

はじめに体育館での全体会で研究主任が研究発表を行い、研究の経過や成果と課題について説明しました。次に、1年生、4年生、5年生の教室で道徳科の公開授業を行いました。子ども達は50人を超える多くの先生方が参観される中、元気良く授業に取り組み、しっかり考え、自信をもって発表することができました。

その後、各教室で分科会が行われ、熱心な研究協議がなされました。多くの先生方から貴重なご意見や感想をいただき、今後の寄島小学校の研究に生かして生きたいと考えています。最後は、3名の講師の先生方から指導・講評をいただき、盛会のうちに発表会を終えることができました。お世話になりました全ての皆様に感謝申し上げます。本当にありがとうございました。今後ともよろしくお願いいたします。